スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み

 ブルブルル……。
 またメールが来たようだ。無視をすると、すぐにケータイが鳴った。これも出る必要はない。そう、出る必要はない――。

 奈津実は学校でいじめを受けていた。休み時間になれば集団で罵られ、放課後になれば現金を脅し取られた。プールの授業があれば下着を隠され、昼休みになると水を掛けられる。透けた制服に、いやらしい視線が突き刺さった。しかし誰も助けてはくれない。夏の暑ささえも彼女らに味方して、昼休みが終わる頃にはいじめの証拠を乾かしてしまう。
 そんないじめから、ついに解放された。一学期が終わって、顔を合わせる必要がなくなったからだ。毎日のように来ていた呼び出しメールも、七月いっぱいで来なくなった。ついに自由を手に入れたのだ。


 八月になると恒例の花火大会に行き、お盆は父親の実家に帰ることになった。そこで親しくしている男性と再会し、二人で海に行った。一年に一度のデート。奈津実はそれがとても楽しみだった。
 海の家で焼きそばを食べて、泳ぎ疲れたら砂浜に並んで座る。小学生の頃は騒いでいる時間が好きだったけど、いつしかお互いの近況を話し合う時間が好きになっていた。打ち寄せる波と夕日を見ながら、穏やかな時間が流れていく。

「なっちゃん、今年は何だか元気がないね」

 その言葉に胸が締め付けられた。

「夏休みの宿題が難しくて……」

 奈津実は、とっさに嘘を吐いてしまった。

「そうなんだ。高校生になってから、どの教科も難しすぎるよな」

 彼が溜息を漏らした。もし悩みを打ち明けていれば、何かが変わっていたかも知れない。だけど心配させたくなくて、本当のことは言えなかった。
 夕日が沈み、空に闇が忍び寄る。暗い夜の砂浜で、二人ははじめてキスをした。


 夏休みの終わりが近づくと、再びメールが来るようになった。

『早く一緒に遊びたいな』

 何気ない内容だけど、それは二学期からの陰湿ないじめを予感させるものだった。幸せな時間に浮かれていた心が、勢いをつけて絶望へと転がり落ちていく。反動をつけて、どこまでも転がっていく。

 踏み切りの遮断機が下りた。
 この中に入れば、すべてから逃げ出して楽になれるだろうか。そう思い、遮断機を潜って中に入る。すると自転車に乗っていたおじさんが、ぎょっとした表情になった。

 ブルブルル……。
 またメールが来たようだ。無視をすると、すぐにケータイが鳴った。これも出る必要はない。そう、出る必要はない――。
 死神の声が聞こえた瞬間、奈津実の身体は宙を舞った。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。