スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女勇者「私はただの村娘ですよ……」

1 以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/10(月) 21:33:42 ID:TdaXQ0uk
~お城・謁見の間~
王様「よく来たな、村娘よ」

ゆう「は、はい……」

王様「お前を呼んだのは他でもない。勇者の適任者として、女神から神託があったのだ」

ゆう「わわ、私がですか?!」

王様「そうだ。勇者として、ある任務に就いてほしい」

ゆう「勇者だなんて、私にはムリです……」

王様「女神からの神託は絶対なのだ」

ゆう「はうぅっ……」


2
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/10(月) 21:58:20 ID:TdaXQ0uk
王様「さて、お前がいくら村娘とは言っても、かの国の噂くらいは知っておろう」

ゆう「……?」キョトン

王様「魔王だ、魔王!!」

ゆう「すみません。他国のことはよく分からなくて、魔王とは何ですか?」

王様「田舎者め……。ならば、心して聞くがよい」

ゆう「は、はいっ」

王様「魔王とは、かの国を統治する王のことだ。やつは人智を超えた全能の力を操り、世界中の国々を滅ぼさんとしている。魔王を倒さねば、この世界に安寧の時は訪れないであろう!」

ゆう「そ……そうなんですね」

王様「したがって、勇者よ。国王として、お前に魔王退治を命じる!」


3
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/10(月) 22:34:37 ID:TdaXQ0uk
ゆう「ええぇぇっ! どうして私なんですか?!」

王様「だから言ったであろう。女神から神託があったと」

ゆう「そんなあ……。魔王を倒すなんてムリです!」

王様「ワシもそう思う」

ゆう「ですよねえ!」アセアセ

王様「しかし、ただの村娘が刺客だとは思うまい。何としてでも、魔王を討たねばならんのだ!」

大臣「魔王退治に成功した場合は、もちろん褒美を出します。くれぐれも、他国には情報を漏らすことのないよう行動してください」

ゆう「……分かりました」


とてとて....


4
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/10(月) 22:41:56 ID:TdaXQ0uk
~城下町~
ゆう「はあっ、私はどうしたらいいんだろ」

――『決まってるじゃないですか。まずはパートナーを探しましょう』

ゆう「そそ、そんなことムリです!」

――『さっきから聞いていれば、あなたは事あるごとにムリムリと……。もう少し、自分に自信を持ってはいかがですか?』

ゆう「わわっ! 頭の中から声が聞こえてくるっ!」

女神『あらあら、申し遅れました。わたくしは女神と申します』

ゆう「め、女神さま?!」

女神『はい。わたくしは今、勇者さまの心に直接話しかけています』


5
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/10(月) 23:11:49 ID:TdaXQ0uk
ゆう「あ、あのっ! どうして私が勇者なんですか?!」

女神『あなたなら世界を破滅に導く者を討ち滅ぼし、希望にあふれた世界へと導いていくことが出来ると確信しているからです』

ゆう「私はただの村娘ですよ……」

女神『あなたは、女神であるわたくしが間違っていると言うつもりですか?』

ゆう「そんなつもりは――」

女神『でしたら、何も問題はないではありませんか』

ゆう「でも、私より相応しい人がいると思います」

女神『そんなことはありません』

ゆう「そうかなあ……」

女神『それでは、酒場に行きましょう。最高のパートナーとなる人が、勇者さまのことを待っていますよ』

ゆう「はあっ、行くしかないんですよね……」


とてとて....


9
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 21:00:56 ID:iThLgCAQ
~酒場~
マスター「いらっしゃい。何か飲むかい?」

ゆう「あ、あの……」

女神『ほらっ。勇者さま、頑張ってください!』

ゆう「わ、私は勇者です。それで、酒場にパートナーを探しに来ました」

マスター「ああ、求人だね。大臣から聞いてるよ」

ゆう「そそそ、そうなんですね」アセアセ

マスター「まさか勇者がこんなにも可愛い娘だったとは、思ってもみなかったよ」

ゆう「あわわ、可愛いだなんて照れてしまいます//」


10
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 21:52:03 ID:iThLgCAQ
マスター「それじゃあ、求人票を作成してくれないか」

ゆう「きゅっ、求人票ですか?!」

マスター「どんな目的で、どんな人材を求めているのか。そして勇者として、仲間にどんな報酬を支給することが出来るのか。それが分からないと、紹介や応募が出来ないだろ」

ゆう「何だか大変そうですね」

マスター「そうかい? でもそれが、人を雇うということなんだよ」

女神『勇者さま、求人票を書きましょう!』

ゆう「……分かりました。マスターさん、求人票をお願いします」

マスター「はいよ、求人票1枚」


11
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 22:02:17 ID:iThLgCAQ
ゆう「目的は魔王退治で、求める人材は――」

女神『いい感じですね。ところで、勇者としての報酬はどうするんですか?』

ゆう「勇者としての報酬かあ。能力に見合っていないと、パートナーになってくれないですよねえ」

マスター「ギルドに登録してクエストを達成すれば、一定の報酬を得ることが出来る。その報酬から給与を支払うのが一般的だな」

ゆう「城下町には怖そうな男の人がたくさん居たから、そういう場所には近付きたくないです」

マスター「ギルドが怖いなら、トレジャーハンターなんてどうだい?」

女神『勇者さま、女であることを報酬にしましょうよ』

ゆう「ええっ、そんなの絶対ムリです!」

マスター「ギルドがムリなら、そうするしかないんじゃないか」

ゆう「あうぅ、やっぱり勇者なんてしたくないよぉ」グスン


12
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 22:09:07 ID:iThLgCAQ
ゆう「とりあえず、これで出来ました」

マスター「どれどれ、見せてもらうよ」



―― 求人票 ――
チートな殿方を募集中です♪

内容:魔王退治
人数:1人
年齢:25歳以下
報酬:肩たたき他



ゆう「これで良いですか?」

マスター「あ、あぁ……」


13
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 22:26:11 ID:iThLgCAQ
女神『勇者さま、肩たたき他って何なんですか?』

ゆう「そんな報酬では、やっぱりだめですかねえ……」

マスター「特別な決まりはないけど、これだと断る人が多いだろうな」

ゆう「でも、そういうことしか出来なくて……。お仕事を頑張っている殿方を迎え入れて、家事をしたりたくさん癒してあげるのが私の夢なんです//」

女神『それって、ただのお嫁さんじゃないですか!』

マスター「ここは結婚相談所じゃないから! 縁結びは酒場じゃなくて、教会でやってるから!」

ゆう「はうっ、そんなつもりは……。でも魔王を倒した殿方が相手なら、すぐにでもお嫁さんになりたいです//」テレッ

マスター「まあ、取り様によっては身体で払うようにも読めるか。こんなに可愛い女勇者を抱けるとなれば、男ならヤる気が出るというものだろう」

ゆう「そういうことは、ちゃんと結婚してからですよ//」オロオロ


14
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 22:43:32 ID:iThLgCAQ
マスター「ところで、チートな殿方とはどういうことなんだ?」

ゆう「王様は魔王のことを、人智を超えた全能の力を操る者だと評していました。ならば同じく全能な力を持つ人でなければ、魔王を倒すことは出来ないと思うんです」

マスター「なるほどな。それでチートな殿方なのか……」

ゆう「そのような人は、簡単に見付かる人材ではありません。いないと考えたほうが良いと思っています」

女神『だから、殿方を1人なんですね』

マスター「村娘の割には意外と知性があるんだな。ぽんこつで教養がないのかと思ってた」


15
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/11(火) 22:48:17 ID:iThLgCAQ
ゆう「んなっ、失礼ですねえ」プンスカ

マスター「すまんすまん。認識を改めないといけないな」

ゆう「そうしてください。それで、チートな人はいるんですか?」

マスター「確か、そんな新人が登録されているはずだ。条件に合うし、会ってみてはどうだろう」

ゆう「ええっ?! チートな人が本当にいるんですかっ!」

マスター「ああ、まさしく勇者には打って付けの人材だと思う」

ゆう「ぜひお願いします!」


19
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/12(水) 20:09:26 ID:zUKqeoBA
賢者「はじめまして、賢者です」

ゆう「は、はじめまして。私が勇者です」

賢者「あなたが勇者なんですか。すごく可愛いらしい女性で驚きました」

ゆう「……//」

女神『勇者さま、彼が本当にチートなのか確認しましょう』

ゆう「あっ、あの……。賢者さんは本当にチートなんですか?」

賢者「あらゆる武術を極め、あらゆる魔法を修得しました。そして宇宙の全容を解き明かし、新たな学問を志しています」

ゆう「賢者さん、すごいです!」

賢者「ふふっ。この世界の原理原則、そのすべてを掌握してみせましょう」

ゆう「かっこいい//」キュンキュン


20
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/12(水) 20:59:53 ID:zUKqeoBA
賢者「ところで報酬の件ですが、肩たたき他とは何でしょうか」

ゆう「それはその……」チラッ//

賢者「まさか、本当に肩をたたくだけなんて事はないですよねえ」

女神『うふふ、勇者さまは面食いなんですね』

ゆう「そ、そんなことはないです//」

女神『でも、照れてるじゃないですか。まんざらでもないんじゃないですか?』ニヤニヤ

ゆう「だって、賢者さんがかっこいいんだもん//」ドキドキ

賢者「ふむ……。どうやらチートすぎる容姿のせいで、乙女心を惑わしてしまったようだ」

マスター「ははは。村娘なだけあって、純情な生娘なんだな」

女神『ほらほら。勇者なんですから、しゃきっとしてください』

ゆう「はうぅ……」


22
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/12(水) 22:00:24 ID:zUKqeoBA
賢者「それでは、質問を変えましょう。勇者さまの成功報酬は何ですか?」

ゆう「魔王退治に成功したら、王様が褒美をくれることになっています」

賢者「つまり、仲間になれば王様に謁見できるのですね」

ゆう「そうです。きっと賢者さんにも褒美が出ると思いますよ!」

賢者「なるほど。そうなると、報酬は肩たたきと王様の褒美ということになりますが……」

マスター「賢者さま。肩たたき他とは、仕事を頑張っている殿方を迎え入れ、家事をしたりたくさん癒してあげることらしいですよ」

ゆう「えっとその……、お嫁さんになることが私の夢なんです//」

賢者「な、何だって?! 人々の象徴である勇者を娶れるというのは、魅力的な報酬ではないか。よし、やろう!」


23
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/12(水) 22:26:17 ID:zUKqeoBA
マスター「どうでしょう、彼を仲間になさいますか?」

ゆう「ぜひ、賢者さんを紹介してほしいです!」

マスター「賢者さまはいかがなさいますか」

賢者「そうだな。契約して仲間となろう」

マスター「それでは、契約成立です。旅に向かってください」

女神『やりましたね、勇者さまっ!』

ゆう「はいっ、ありがとうございます!」

賢者「よろしくな」


24
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/12(水) 23:16:53 ID:zUKqeoBA
ゆう「まさかこんなに簡単に、チートな殿方がパートナーになってくれるだなんて思っていませんでした」ルンルン

女神『勇者さま。パートナー探しは、タイミングなんですよ』

ゆう「本当にタイミングが良かったです」

女神『しかも、勇者さま好みの殿方だし、ご縁もありそうですしね』

ゆう「ぁぅ……//」

賢者「勇者さま、これからどうするんですか? 個人的には、勇者さまの仲間になったことを王様に報告しておきたいと思うのですが」

女神『そうですね。わたくしも、そうしたほうが良いと思います』

ゆう「言われてみれば、そうですよね。私も王様に謁見したいですし……」

賢者「では、お城まで案内していただけますか?」

ゆう「はいっ。とりあえず、王様に会いに行きましょう」


とてとて....


28
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/13(木) 21:08:41 ID:EwGacBak
~お城・謁見の間~
ゆう「王様、素敵な方をお連れしました」

王様「この者か」

ゆう「はい。この方は賢者さんと言います」

王様「ほう……。わざわざ挨拶に来るとは、殊勝な心掛けだな」

ゆう「それでですね、私の代わりに勇者になってもらいたいと思っているんです」

王様「そんなことを言っても、女神の神託は覆らんぞ」

女神『そうですよ。勇者を変更してしまうと、わたくしが間違った神託を下したことになるじゃないですか』

ゆう「そんなあ……、賢者さんのほうが相応しいじゃないですか」ションボリ

女神『それはどうでしょうね。チートな人が都合よく現れるなんて、おかしいと思いませんでしたか?』

ゆう「それって、まさか――」


29
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/13(木) 21:38:11 ID:EwGacBak
王様「それにしても、そんなに腕の立つ男が酒場にいたとはな。どれ、面を上げよ」

賢者「先ほど紹介にあずかりました、賢者と申します。いや、お前に対しては魔王と名乗るべきだな。愚鈍なる国王よっ!」

王様「何だと?! こやつ、かの国の魔王だっ!」

ゆう「ええぇぇっ、やっぱり賢者さんが魔王なんですかあ!」

魔王「まさか、こんなにも容易く事が進むとは思わなかったぞ!」

ゆう「あわわ、大変なことをしてしまいました」アセアセ

魔王「次元操作っ! イマージナル・プレイスッッ!!」

女神『空間操作系の最上級魔法か。全能を自負するだけはありますねえ』

王様「ぬあぁぁっ……」

ゆう「王様が落ちちゃった!?」


30
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/13(木) 22:02:51 ID:EwGacBak
大臣「おっ、王様あぁぁっ!」

ゆう「どうなってるの?! どうして、落ちちゃったんですか!」

魔王「ふはははは! この宇宙は11次元で出来ているのだあっ!!」

ゆう「11次元?!」

魔王「そうだ。実数座標と虚数座標からなる、複素数空間と複素数時間。これで8次元を使用する」

ゆう「ふ、複素数?」

魔王「そして、多世界解釈による3次元の階層。この宇宙は、これら11個の座標で説明できるのだ!!」


31
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/13(木) 22:16:27 ID:EwGacBak
ゆう「……?」キョトン

魔王「か、簡単に言うとだな」

ゆう「は、はい……」

魔王「実数空間にのみ生活圏を有する一般的な人間は、虚数を含む空間では座標がずれてしまい、実数空間の地面に立つことが出来なくなって落ちてしまうのだ!」

女神『勇者さま。魔王が使ったのは、壁抜けの最上級魔法なんです』

ゆう「なるほど。それで王様は床抜けして落ちてしまったんですね」

魔王「そういうことだ」


32
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/13(木) 22:34:18 ID:EwGacBak
ゆう「そんなことより、賢者さん! 本当に魔王なんですかっ?!」

魔王「そうだ。お前のおかげで、労せずに国王を討ち滅ぼすことが出来た。ここまで案内してくれて、感謝しているぞ!」

ゆう「そんな……。どうして、こんな事をしたんですか!」

魔王「この国は、我が国への侵略を目論む敵国だ。こちらがやらねば国が滅ぼされ、民が殺されるではないか」

ゆう「じゃあ、王様の魔王退治は侵略行為だったんだ……」

大臣「村娘っ! 勇者としての任務を怠り、魔王を連れてくるとはどういうつもりだ!」

女神『ああ、何ということでしょう。勇者さまと賢者さんが、敵同士になってしまうだなんて――』

ゆう「あ……あのっ、私は賢者さんと敵同士だとは思いたくないです」

大臣「敵同士だとは思いたくない、だと!? まさか、村娘が魔王と通じていたとはなあ!」

ゆう「ふえっ?」

大臣「女神までも欺き、勇者として王様に近付いたのは反逆するためだったのか!」

ゆう「ええぇぇっ?!」


33
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/13(木) 22:46:20 ID:EwGacBak
魔王「王亡き今、お前たちはどうするっ!」

大臣「兵士たちよ! 村娘と魔王を生きて帰すな!!」

ゆう「私は関係ないからあぁぁっ!」オロオロ 

兵士「ぬおぉぉっ!!」ドタドタ

魔王「お前たちは実力の差が分からんようだな! 広域洗脳魔法!」

カッ!

ゆう「わわっ?!」

兵士「はて、我々は一体何を……」

魔王「うむ。使える人材は残しておかんと、国勢に関わってくるからな」

大臣「兵士たちよ、謁見の間で何をしておる。持ち場に戻らんか!」

兵士「も、申し訳ありません」

魔王「ふははは、これでこの世界は俺のものだ!」


36
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 19:27:07 ID:H.GgUYmY
ゆう「あのぉ……、私はもう帰っても良いんですよねえ」

女神『帰るって、どういう事ですか?』

ゆう「だって、魔王退治を命じた王様はもうこの世にいないんだし……」

魔王「そうだな。お前は実害などないし、帰りたければ好きにしろ」

女神『だからって、帰って良いわけがないじゃないですか!』

ゆう「えっ、そんなあ……」ションボリ

魔王「おいっ、なぜ落ち込むんだ?! お前はもう帰っても良いのだぞ!」


37
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 19:53:22 ID:H.GgUYmY
女神『勇者さま、考えてください。魔王は賢者さんなので、書類上は勇者さまのパートナーなんですよ。違いますか?』

ゆう「それはその……、魔王は私のパートナーです」

女神『そうなると、このまま魔王が世界征服をしてしまえば、勇者さまが首謀者になってしまいますよね。それでも、一人で帰るおつもりですか?』

ゆう「一人で帰るなんて……出来ません」

魔王「そうか。俺がパートナーだから一緒にいたいのだな」

女神『仲間である賢者さんが道を踏み外したとき、それを正すのはリーダーである勇者さまの役目ではありませんか! 違いますか?』

ゆう「……そ、そうです」


38
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 20:00:24 ID:H.GgUYmY
魔王「つまり、俺の伴侶になっても良いということか!」

女神『さあ、勇者さま。魔王の心に訴えかけて、賢者さんを改心させましょう!』

ゆう「で……でも、そんなのムリだと思います」

魔王「それもそうだな。勇者と魔王は相容れぬ存在だ。世界征服を目指す以上、その宿命には逆らうことが出来ないのか――」

女神『勇者さま、ムリムリと言わずに自信を持ってください。賢者さんのお嫁さんになったつもりで、魔王を諭せばいいのです』

ゆう「そう……ですね!」


42
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 20:41:34 ID:H.GgUYmY
ゆう「ま、魔王! いえ、賢者さん。あなたは私のパートナーだということを忘れていませんか!」ビシッ

魔王「そんなこと、分かっておるわっ! 行くぞ、勇者よ!」

ゆう「いいえ。世界征服をやめてくれなければ、私は一緒には行けません!」

魔王「ならば、俺を倒してみせろ!」

ゆう「賢者さん、魔王退治の報酬は肩たたきですよ!」

魔王「はあっ?!」

ゆう「私と一緒に魔王の心に打ち勝ちましょう!」


43
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 20:55:55 ID:H.GgUYmY
魔王「ちょっと待て、求人票をよく見ろよ。報酬は肩たたき他だろうが!」ペラペラ

ゆう「はわわ、そ……そうでした」アセアセ

魔王「それで肩たたき以外に、何をしてくれるんだ?」

ゆう「な、何って……。魔王を倒した賢者さんのお嫁さんになって、私が家事をしたりたくさん癒してあげますです//」テレッ

魔王「くっ……。改めて聞くと、やはり魅力的な報酬だな」

女神『勇者さま、その調子です。魔王の心が揺れてますよ!』


44
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 22:10:17 ID:H.GgUYmY
ゆう「賢者さんが『この世界の原理原則、そのすべてを掌握してみせましょう』と言っていたとき、私はすごくかっこいいと思いました」

魔王「……」

ゆう「それって、世界征服のことだったんですか?」

魔王「……そうだ。敵国を落とした今、この世界のすべてを掌握するのは容易いことだ!」

ゆう「だけど、それは出来ません」

魔王「何だとっ!」

ゆう「賢者さんはチートだから、魔王を倒すことが出来るはずです。邪悪な心に負けるはずがありません!」

魔王「残念だが、魔王は全能な力を持っているのだ。したがって、賢者では倒すことは出来んっ!」

ゆう「だけど、それでは私の報酬を受け取れませんよ。賢者さんはかっこいいし、私の報酬、私の気持ちを受け取ってほしいです//」テレッ


45
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 22:18:08 ID:H.GgUYmY
魔王「ぐぬぬ……。俺が魔王であり全能であるがゆえに、女勇者を伴侶に出来んとは――。真の全能なる力とは一体何なのだ!」

女神『勇者さま、ここで決め台詞です! 得意げな顔で、魔王を倒したと宣言してください』

ゆう「え、えっと……。私はたった今、魔王を倒しましたっ!」ビシッ

魔王「俺を倒しただと?!」

女神『これで、魔王は勇者さまの言葉に釘付けです。ここからは、私の言葉通りにしゃべってください』

ゆう「は……はいっ。真の全能なる力を求めた時点で、魔王は魔王ではなくなっているのです」

魔王「どういうことだ」

ゆう「だって、そうじゃないですか。魔王は全能な力を持っているんですよねえ。それなのに不完全だと認めてしまったら、もう魔王だとは言えないと思います」ドヤッ!


46
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/14(金) 22:31:36 ID:H.GgUYmY
魔王「まさか、そんな戯言で俺に打ち勝ったつもりなのか?」

ゆう「魔王でなければ、賢者さんです。そして魔王を倒した賢者さんは、私の報酬を受け取ることが出来ます」

魔王「ぐっ……」

ゆう「賢者さん。世界征服をやめて、私と一緒に世界平和を目指しませんか//」ニコッ

魔王「そうか、真の全能なる力とは勇者の笑顔だったのか。完全に俺の負けだ――」

女神『勇者さま、やりましたね!』

ゆう「えへへ//」

大臣「まさか、魔王様が村娘に弁論で敗れるとは……。さすが、女神の加護を持つ勇者ですな」


48
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 01:47:12 ID:q98/AMcU
賢者「それでは勇者よ。俺の伴侶になってくれないか?」

ゆう「そ、そうですよね//」カアァ

大臣「な、何ということだ! 大至急、婚礼の儀の準備をしなくては!!」アセアセ

女神『勇者さま! さあ、早く誓いのキスを!!』

ゆう「で、でもまだ心の準備が――」

大臣「村娘さま、善は急げと言うではありませんか」

ゆう「はうぅ//」

警備兵「魔王様っ。酒場のマスターが謁見を求めていますが、いかがいたしましょうか」

賢者「間の悪いやつだな。通してやるが良い」

警備兵「かしこまりました!」


49
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 01:49:27 ID:q98/AMcU
マスター「ま、魔王さまっ! もう終わったようですね!」

賢者「ああ、計画通り討ち滅ぼすことが出来た」

マスター「おおっ、やりましたな!」

ゆう「あの……。賢者さんとマスターさんは、どういう関係なんですか?」

賢者「酒場のマスターは仮の姿で、実は我が国の側近なのだ」

ゆう「ええぇぇっ、そうだったんですか?!」

賢者「俺たちはこの国に潜入し、酒場で機会を窺っていたのだ。そんな中、女神の神託があったことを知り、勇者を利用して国王を暗殺する計画を立てたのだ」

ゆう「ということは、マスターさんが賢者さんを紹介してくれたのは偶然じゃなかったんですか?!」

賢者「そうなるな」

女神『わたくしが言ったではありませんか。最高のパートナーとなる人が、勇者さまのことを待っていると――』

ゆう「うわあぁん。何だか知らないけど、みんなに騙されたぁっ……」グスン


50
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 01:50:39 ID:q98/AMcU
賢者「だ、騙したのではない! 俺たちが逢うのは運命だったのだ!」

女神『そ、そうですよ! 運命の出逢いだなんて、素敵な響きではないですか♪』

ゆう「運命の出逢い?」

賢者「そういうことだ! だから、一緒に平和な世界を築いていこう」

マスター「魔王さま! それはどういう意味ですか?!」

賢者「俺は勇者の仲間になる契約をして、その目的を達成させてしまった。ゆえに、世界征服は止めとする!」

マスター「それでは我々が潜入した意味がないではないですか!」


51
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 01:52:45 ID:q98/AMcU
賢者「では、こうするとどうであろう。側近、お前がこの国の新しい王となれ。そして、我々の国と和平を結ぶのだ」

マスター「な、なんと! 私がこの国の王にですか?!」

賢者「そうだ。我々の国とこの国は、世界征服の足がかりとなる重要な拠点だ。それを逆に捉え、世界平和を実現する重要な拠点としていこうではないか」

女神『勇者さま、マスターさんをその気にさせちゃいましょう!』

ゆう「わ、私も賢者さんの意見に賛成です。世界が平和になるなら、マスターさんがこの国の王様になるべきです。それで丸く収まります!」

賢者「俺の片腕ならば、国をまとめ民を導いていけるだろう。洗脳魔法の効力も継続しているし、お前を快く受け入れるはずだ。不満はあるまい」

国王「りょ、了解しました!」

大臣「この方が新しい王様ですね。それでは取り急ぎ、戴冠式の準備を行います!」

国王「お……おう。大臣、任せたぞ」


52
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 01:57:21 ID:q98/AMcU
賢者「それじゃあ、勇者よ。二人で俺の国に向かおうか」

ゆう「ええっ、どうしてそうなるんですか?!」

賢者「どうしてって、俺の伴侶になったではないか」

ゆう「そ、そうでした! でも賢者さんって、若くして魔王というか王様なんですよねえ」

賢者「だからこそ、お前に伴侶になってほしいのだ。俺の国とこの国は、世界平和の重要な拠点となる。そのときには、人々の象徴である勇者の力が必要になるはずだ」

ゆう「私はただの村娘ですよ……」

賢者「そんなものは関係ない。世界を平和にして、絶対にお前を幸せにしてやるよ。だから、俺について来い!」

女神『勇者さま、あなたのおかげで世界は救われました。ぜひ、彼と幸せになってください!!』

ゆう「……分かりました。賢者さん、よろしくお願いします//」テレッ

国王「皆のもの、祝言じゃあ! 酒場の酒を全部持って来いっ!!」

兵士「うおぉぉっ!!」


53
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 02:01:53 ID:q98/AMcU
~エピローグ~
ゆう「何だか、故郷を離れるのは緊張しますね」

賢者「旅は初めてなのか?」

ゆう「は、はい。ずっと村に住んでいたので……」

賢者「そうか。しかしこれからは、勇者であり后として各国を回ることになる。きっと、色んな発見があるはずだ」

ゆう「そうですよね。賢者さんと一緒だと思うと、すごく楽しみです//」

賢者「俺たちの未来は、女神さまが祝福してくれているんだろ。一緒に平和な世界を築いていこうな」

ゆう「はいっ、もちろんです! でも何か、大切なことを忘れている気がするんですよね……」

賢者「誓いのキスのことか?」

ちゅっ

ゆう「えへへ。賢者さん、大好きだよ//」


54
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 02:02:36 ID:q98/AMcU
女勇者「私はただの村娘ですよ……」

―完―


55
以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/15(土) 02:09:15 ID:q98/AMcU

これで完結です。
ありがとうございました。

ちなみに女神は、ゆうの心に直接話しかけています。
だから、他の人には聞こえていません。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。